7931のあたまんなか

日々考えること、読書メモ、数学、交通関係など。うつと生きる30代後半の男です。

フーリエ変換は L^2(R) のユニタリ変換/『数学セミナー 2018年3月号』読書メモ その5

『数学セミナー 2018年3月号』の特集「フーリエ解析ことはじめ」。数学セミナー 2018年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/02/10メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るこれまでの4回のまとめで、(1変数関数の)フーリエ変換の定義…

連載「試験のゆめ・数理のうつつ」 ~ 『数学セミナー』読書メモ

『数学セミナー』では、2017年4月号から、時枝正さんによる「試験のゆめ・数理のうつつ」が連載されています。数学セミナー 2017年4月号 666号 数学の学び方出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2017/03/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るいろいろ…

見えてきた2つの行動特性、ひとりSlackなど / 結城浩メルマガVol.325を読んで

2018/6/19発行の『結城浩の「コミュニケーションの心がけ」Vol.325』は気づきがたくさんあったので、ブログにメモしておきます。 *1Webですぐ読める「結城メルマガ」最新号はこちら!■「ひとりSlack」で知的生活のパワーアップ(2)■角の立たない伝え方■再…

立体図形に慣れ親しめる「サイコロキャラメル」と「ピタゴラス」

以前にブログに書きましたが、数学の図形の問題がとても苦手です。wed7931.hatenablog.comそして、平面図形よりも立体図形がもっと苦手です。例えばこのような問題です。 立体のある点からある面に下ろした垂線の長さを求めよ。 立体の断面積を求めよ。 回転…

連載「眠れぬ夜の確率論」 ~ 『数学セミナー』読書メモ

『数学セミナー』2018年4月号から、原啓介さんによる「眠れぬ夜の確率論」の連載が始まりました。数学セミナー 2018年 04 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/03/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見るタイトルのとおり、テー…

連載「やわらかいイデアの話」 ~ 『数学セミナー』読書メモ

『数学セミナー』2018年4月号から、藤田博司さんによる「やわらかいイデアのはなし」が連載されています。数学セミナー 2018年 04 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/03/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る位相空間の初歩…

水曜どうでしょうDVD副音声でグッときた話(随時更新)

『水曜どうでしょう』が大好きで、気づいたらファン歴が20年になりました。『水曜どうでしょう』は2002年9月にレギュラー放送が終了し、これまでの企画が順次DVD化されていて、すべてのDVDを買っています。レギュラー放送された企画は、VHSで文字通りテープ…

私が書いた3種類の自分史

先日投稿された、Yuramakiさん(@YuramakiClay)の自分史に関する記事がとても印象に残りました。yuramaki.comというのも、精神的に参ってしまってから、自分のことを振り返るために自分史を書いていたからです。自分史を書くことで、いろいろなことがわかり…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第4章 読書メモ

今回は『数学ガール/ポアンカレ予想』第4章の読書メモです。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る第1章と第2章はなか…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その4)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集「複素関数の質問箱」のまとめの最終回です。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るテーマは複素対数と解析接続です。今回の記事を…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その3)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集「複素関数の質問箱」をようやく読み終わりました。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る複素関数は数学科の講義でコーシー・リー…

うちの子どもたちは「無限」について興味があるらしい

うちの子どもたちはいきなり「無限」ということについて質問をしてきます。興味深い発言がよく出てきて、そのたびにツイートしていますので、まとめておきます。 初めて無限について話した。 長男が小1のときです。子どもたちが「無限」という言葉を使い始め…

数学の本を読むのは楽しいけど、問題を解くのはそうでもない。

以前から少し気になっていたことを何気なくツイートしてみました。数学の教科書や参考書を読むのはすごく楽しい。でも、数学の問題を解くのはそれほどワクワクしない。大学入試の2次試験の問題は解ける自信があまりない。でも、解答例を読むのは好き。「読む…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その2)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集「複素関数の質問箱」を引き続き読んでいます。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る前回は、複素数の定義とその性質、そして複素…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第3章 読書メモ

『数学ガール/ポアンカレ予想』をじっくり読んでいます。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る今回は第3章の読書メモ…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その1)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集は「複素関数の質問箱」です。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る複素関数は学生時代に講義を通して勉強しましたが、理解不足で…

プログラミング教育の題材として筆算を扱うのはどうでしょう?

小4の長男の宿題として、最近は割り算の筆算がよく出てきます。何度も反復練習をして、だんだん計算に慣れてきたようです。振り返ると、これまでに足し算・引き算・掛け算・割り算の四則計算の筆算を学んだことになります*1。ここで、いったん立ち止まって考…

数式を含む文を日本語でどう読むか

中学校や高校の数学の教科書には、こんな文が書かれています。*1 のとき、 である。 この文を声に出して読むとしたら、どう読むでしょうか。 を「 小なり 」と読むとしたら、 小なり のとき、 小なり である。 と読めます。実際に、私が中学校で不等式を習っ…

ストレスを減らしてみよう ~ 床屋さん編

昨日、37年の人生で初めて丸坊主にしてみました。もともと丸坊主の息子たちを床屋に連れて行って、ついでに自分の髪も切ってもらうことにしました。 いつもは「こう切ってほしい」とあれこれ話しますが、どう話すかを考えるのがいつもストレスでした。高校ま…

「考えることに飽きる」「形が見えると力を弱める」という行動特性 ~ 水曜どうでしょうDVD副音声

水曜どうでしょうDVD副音声、相変わらず運転しながら聴いています。今回は2つの回でミスター自身が話していた行動特性が、自分にも当てはまると共感した話です。【目次】 考え続けると、考えることに途中で飽きる。 ある程度の形が見えると力を弱める。 ちょ…

複素数をより受け入れられやすく導入するには?

先日、複素数の導入に関連して、このようなツイートをしました。予想外にいろいろな反応があり、驚いています。複素数の導入。多くは「2乗して-1になる存在しない数を虚数iとする」と教えられる。複素数が理解されづらい理由として「存在しない数」という否…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第2章 読書メモ

『数学ガール/ポアンカレ予想』をブログにメモを取りながら読み進めています。第1章のメモはこちらです。wed7931.hatenablog.com今回は第2章『メビウスの帯、クラインの壺』についてのメモです。数学の分野としては第1章と同じく位相幾何学ですが、第2章の…

数学で使うアルファベットの書き方のこだわり

数学では、数字やアルファベットはもちろんギリシャ文字を使います。アルファベットもイタリック、太字、フラクトゥール(ドイツ文字)などのいろいろな書体を使います。数学関係の本や論文ではこれらの書体を混ぜて使うのが普通です。例えば、下の画像にあ…

Androidスマホの機種変更作業メモ

2018年4月にスマホの機種変更をしました。 Androidスマホで、Xperia Z5からXperia XZ1への乗り換えです。www.sonymobile.co.jp機種変更のために必要な作業は基本的に自分で行いました。2年後にまた機種変更をすると思いますが、そのときにも同様の作業をする…

コミュニケーション手段の発達を同期性の視点で考えてみた

Twitterを見ていると、「電話が苦手」「電話で連絡するのは避けてほしい」という声をよく見かける。 自分も電話は苦手なタイプ 電話で話すときは相手の表情が見えないから、自分の話が相手に伝わっているか、そして相手の話を自分が受け取れているかが不安。…

特集「教科書だけじゃない!数学の本」~『数学セミナー 2018年5月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年5月号』の特集は「教科書だけじゃない!数学の本」です。数学セミナー 2018年 05 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/04/12メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るタイトルにもある通り、数学の本というと教科書に…

『ゴリパラ見聞録』がおもしろい! ~ 『水曜どうでしょう』に似た魅力

高校2年のときに友人から勧められた『水曜どうでしょう』。一気にはまり、放送を毎回録画し、ファンサイトを立ち上げるなどしました。今もDVDは欠かさず買っています。2002年に『水曜どうでしょう』がレギュラー放送が終了してからは、テレビを見る時間が減…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第1章 読書メモ

『数学ガール』シリーズの第6巻『数学ガール/ポアンカレ予想』、とても楽しみにしていました!数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ…

概算を暗算で行うトレーニング/検算を拡大解釈する

小学校の算数では、暗算・概算・検算について学習します。具体的に言うと、こういう内容です。 暗算 筆算を学習した後に、「24+53」や「23×3」のようなやや簡単な計算を筆算をせずに暗算する。 概算 概数(四捨五入、切り上げなど)を学習した後に、「58447+…

「自分が生きていれば、それでいいんだな」

ポンコつっこさんのこの記事を読んで、とても心が揺さぶられました。*1note.mu タイトルの「親孝行の本当の意味はあなたが生きていること」。これは本当に正しいと心からそう思います。両親の子どもとしても、2人の息子の親としても。メンタルの状況が本当に…