7931のあたまんなか

テーマ:数学/読書メモ/自分の考え方/水曜どうでしょう/交通関係(道路・航空)など。うつと生きる30代後半の男です。

連載「眠れぬ夜の確率論」 ~ 『数学セミナー』読書メモ

『数学セミナー』2018年4月号から、原啓介さんによる「眠れぬ夜の確率論」の連載が始まりました。数学セミナー2018年4月号 通巻 678号 なぜ数学を学ぶのか出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/03/12メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見るタ…

『数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの』のレビューを担当しました!

結城浩さん(@hyuki)の著書『数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの』が2018年10月に刊行されました。数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/10/17メディア: 単行本この商品を含むブログを見…

特集「体とはなにか」 ~ 『数学セミナー 2018年10月号』読書メモ(後編)

『数学セミナー 2018年10月号』の特集は「体(たい)とはなにか」です。数学セミナー 2018年 10 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/09/12メディア: コミックこの商品を含むブログを見る7つのうち前半3つの記事のメモはこちらです。wed7931…

特集「体とはなにか」 ~ 『数学セミナー 2018年10月号』読書メモ(前編)

『数学セミナー 2018年10月号』の特集は「体(たい)とはなにか」です。数学セミナー 2018年 10 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/09/12メディア: コミックこの商品を含むブログを見る大学数学科時代に体論やガロア理論の講義を受けまし…

『数学ガール/ポアンカレ予想』を自分なりにまとめてみた

『数学ガール/ポアンカレ予想』を約5か月かけて読み終わりました。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る 頭の整理のた…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第10章 読書メモ

『数学ガール/ポアンカレ予想』第10章の読書メモです。これが最後の章になります。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第9章 読書メモ

『数学ガール/ポアンカレ予想』第9章の読書メモをまとめます。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る 第9章のタイトル…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第8章 読書メモ

この記事は『数学ガール/ポアンカレ予想』第8章の読書メモです。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る第8章のタイトル…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第7章 読書メモ

今回は『数学ガール/ポアンカレ予想』第7章の読書メモです。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る第7章のタイトルは「…

特集「フィボナッチ数の大人の楽しみ方」/『数学セミナー 2018年8月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年8月号』の特集は「フィボナッチ数の大人の楽しみ方」です。数学セミナー 2018年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/07/12メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るフィボナッチ数列は高校の数列の授業で習うもの…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第6章 読書メモ

今回は『数学ガール/ポアンカレ予想』第6章の読書メモです。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る第5章に続いて、紙と…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第5章 読書メモ

今回は『数学ガール/ポアンカレ予想』第5章の読書メモです。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る全10章のうちの前半…

関数を「関数の関数」とみなす緩増加超関数/『数学セミナー 2018年3月号』読書メモ その6

『数学セミナー 2018年3月号』の特集「フーリエ解析ことはじめ」をようやく読み終えました。数学セミナー 2018年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/02/10メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るこれまで5回にわたってまとめ記事を…

フーリエ変換は L^2(R) のユニタリ変換/『数学セミナー 2018年3月号』読書メモ その5

『数学セミナー 2018年3月号』の特集「フーリエ解析ことはじめ」。数学セミナー 2018年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/02/10メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るこれまでの4回のまとめで、(1変数関数の)フーリエ変換の定義…

『数学ガール/ポアンカレ予想』第4章 読書メモ

今回は『数学ガール/ポアンカレ予想』第4章の読書メモです。数学ガール/ポアンカレ予想 (「数学ガール」シリーズ6)作者: 結城浩出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る第1章と第2章はなか…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その4)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集「複素関数の質問箱」のまとめの最終回です。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るテーマは複素対数と解析接続です。今回の記事を…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その3)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集「複素関数の質問箱」をようやく読み終わりました。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る複素関数は数学科の講義でコーシー・リー…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その2)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集「複素関数の質問箱」を引き続き読んでいます。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る前回は、複素数の定義とその性質、そして複素…

特集「複素関数の質問箱」まとめ(その1)~『数学セミナー 2018年6月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年6月号』の特集は「複素関数の質問箱」です。数学セミナー 2018年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/05/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る複素関数は学生時代に講義を通して勉強しましたが、理解不足で…

特集「教科書だけじゃない!数学の本」~『数学セミナー 2018年5月号』読書メモ

『数学セミナー 2018年5月号』の特集は「教科書だけじゃない!数学の本」です。数学セミナー 2018年 05 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2018/04/12メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るタイトルにもある通り、数学の本というと教科書に…

古田敦也 「優柔決断」のすすめ

久しぶりに本を買ってみました。 古田敦也 「優柔決断」のすすめです。 まだ、全体の1/4しか読んでいませんが、すごく気に入った文章がありました。 P30からの引用です。 監督が方針を打ち立てたら、仮に内心「え~?」と反発を覚えることがあったとしても、…

自分の説明書

今日は、奥さんの車の廃車手続きで、トヨタカローラさんへ。 待ち時間に、陳列されていた「B型 自分の説明書」を読んでみた。 話題になった本なので、みなさんご存じかと。 血液型別の性格など興味はないが、手続きが長引いてひまだったので、読んでみた。 …

「へんでないかい!?北海道」

今日、立ち読みした本。 へんでないかい!?北海道 「内地の人から見るとおかしいと思われるけど、北海道ではあたりまえ」ということを書いた、 よくあるといえばよくある本。 # ↑のリンクから、この本の目次をみることができます。 この中で、自分が気づいた …

「Newton」 2008/07号

たまに立ち読み程度で読む「Newton」を買ってみた。 テーマは「宇宙論」。 内容自体は、理解できた部分もあれば、理解できなかった部分も。 最も印象的だったのは「宇宙論」がどのようになりたっているのかがわかったということ。 具体的にいうと、観測や仮…

「経産省の山田課長補佐、ただいま育休中」

奥さんが3人目の出産をするのを機に、1年間の育児休暇をとった男性の話。 妻にすすめられて、2時間くらいで一気に読んでしまった。 うちはこれから生まれてくるが、いろんなことが起こるんだなぁとのんきにページを進めた。 一応、育児本を読んだが、やっぱ…