7931のあたまんなか

テーマ:数学/読書メモ/自分の考え方/水曜どうでしょう/交通関係(道路・航空)など。うつと生きる30代後半の男です。

「へんでないかい!?北海道」

今日、立ち読みした本。

へんでないかい!?北海道


「内地の人から見るとおかしいと思われるけど、北海道ではあたりまえ」ということを書いた、
よくあるといえばよくある本。

# ↑のリンクから、この本の目次をみることができます。

この中で、自分が気づいた / 気づかされたこと3点。


(1) 北海道民はおくやみ記事に注目する。

そういわれてみると、道新のような「1面全部おくやみ」ってこっちで見たことないし、
第1社会面の下のおくやみ広告はかなり充実している。
自分もついつい、おくやみ広告には必ず目を通している。

そして、新聞の折り込みチラシの中に、
新聞屋さんが作ったおくやみ広告が入っているのは珍しいらしい。
うちの実家(女満別)のあたりでは、ごく普通に行われており、
今まであたりまえのように感じていた。


(2) お葬式のときに写真を撮るのは北海道独特の文化?

この本によれば、北海道独特らしい。
喪主が遺影を持って、親戚一同が2~3列に並んで、写真屋さんに写真を撮ってもらって、
焼き増しして配るのがあたりまえだと思っていたが・・・。
ちょっとショックだ。

結婚式のときにも同じような写真を撮るけど(自分も撮った)、これも北海道だけ?


(3) お祝いののし(短冊)を壁などに貼るのも北海道独特の文化?

ごく普通にやる。
うちは神棚の下に、何枚も重ねて貼ってるけど。

そういえば、今回の出産祝いのお返しをこっち(内地)のお店から送ったけど、
「のしを入れますか?」って聞かれなかったし、入っていないと思う。
そもそも「のし」っていうのが北海道だけとか?


あと、この本には載っていなかったけど、
  お祭りで売っているアメリカンドッグに砂糖をまぶすのは、道東方面だけ
らしい。
うちの奥さん(札幌出身)が根室に赴任になったときにびっくりしたらしい。
23歳くらいまで、普通に「砂糖」という選択肢がどこにでもあるものだと思っていた。
そして、ケチャップよりも、マスタードよりも、砂糖が一番好きだ。